フォト
無料ブログはココログ

2019年3月12日 (火)

RadeonソフトウェアAdrenalin 2019 Edition 19.3.1でマウスが飛ぶ現象解消

前記事で書いたRadeonソフトウェアAdrenalin 2019 Edition 19.2.Xまで、既知の問題としてデュアルディスプレー環境でマウスが飛ぶ現象が19.3.1で解消したようです。

» 続きを読む

2019年1月28日 (月)

Radeon Software Adrenalin Edition 19.1.2でマウス不具合・既知の問題として継続へ

前記事で”Radeon Software Adrenalin Edition 19.1.1でも不具合治らず”を書きましたが、RadeonソフトウェアAdrenalin 2019 Edition 19.1.2リリースノートでは、マルチモニター環境下でマウスが飛ぶ現象が機との不具合として復活しています。

やっぱり治ってないじゃん (ーー;)

既知の問題点

  • 2台以上のディスプレイを接続し、1台のディスプレイの電源を切った状態で、マウスのずれやシステムの速度低下が長時間にわたって見られる。

ウチでは2台ともモニターの電源は入っていて起きるんですけどね

2019年1月13日 (日)

Radeon Software Adrenalin Edition 19.1.1でも不具合治らず

前記事でRadeon Software Adrenalin Edition 18.10.1で不具合を報告しましたが、

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.1.1

が、でたので、リリスノートを見てみたところ「修正された問題」のところに「複数のディスプレイを実行している一部のシステムでは、少なくとも1つのディスプレイが有効になっているが電源がオフになっていると、マウスがずれることがあります。」が合ったのでマウスずれが修正されるかと思いいインストールして見ましたが、やっぱり治っていませんでした。(*≧m≦*)
因みにマルチディスプレー環境以下です。

Radeonerr01

どんな風にズレるかはYouTube動画をご覧ください

2018年10月22日 (月)

Radeon Software Adrenalin Edition 18.10.1で不具合

「このドライバは、Windows 10 October 2018 Updateに正式対応。また、本日発売した「Call of Duty: Black  Ops 4」において、5~6%の性能向上を図っている。」と言うことでインストールして見ましたが、5~10秒置きにマウスカーソルが止まるプチフリ不具合が発生、再起動してもだめなのでバグみたいですね。特にマルチモニタ環境で発生するようです。
              https://community.amd.com/thread/232991
              次のバージョンを待ちましょう

» 続きを読む

2018年10月15日 (月)

WG2600HP3が「IPv6 High Speed」に対応で爆速!

本日よりWi-Fiルーター「Atermシリーズ」のプレミアムモデル3製品「WG2600HP3」「WG1900HP2」「WG1200HP3」において、IPv6の通信をより高速で快適にする「IPv6 High Speed」に対応するファームウェアの提供が開始されたので早速アップデートしました。
ファームはこれまでの1.2.0から2.0.0になりました。            

Wg2600hp3newfw2





これまでの速度は、夜間になると速くても120~130Mでしたが、ファームアップ後は22時台で670Mbpsほど出るようになりました。

Radish

Wg2600hp3newfw

  まさにIPv6 High Speedです。
  対象製品を持ってる人はすぐにアップデートしましょう!

2018年9月 2日 (日)

ATOKが使えない

ホームページの更新をしていたら。何故か急にATOKの登録した漢字変換候補が出なくなりました。辞書ユーティリティには第一辞書に登録がありますが、変換候補に出ません。
ネットを調べたら、ATOKのFAQに・・セキュリティーソフトに問題がある・・とのこと
とりあえず使ってる、ウイルスバスタークラウドの例外設定にATOKの辞書フォルダを設定ししました。

Atokerr01







またAcronisTrueimageのランサムウェア保護ツール、Acronis Active Protection 2.0 を一端無効にして再起動したところ辞書が使えるようになりました。(^^;

Atokerr02

リアルタイムでファイルを保護してくれるセキュリティソフトはありがたいですが、誤検知があると逆に、パソコンの使い勝手が悪くなると言う弊害もあります。

2018年7月22日 (日)

ルータをNEC製「V6プラス対応」ルータに変更

特にIO DATAの「v6プラス対応」ルータに不満がああたわえではありませんが、無線とルータを一台にまとめてスッキリさせたかったので、NECから新発売されたWG2600HP3に変えてみました。Aterm WG2600HP3はIEEE 802.11ac/n/a/g/b準拠の無線LANルーターでフレッツ網IPv6通信に対応した製品です。また今後、提供予定のファームウェアで、独自のIPv6高速化技術「IPv6 High Speed」にも対応するとのことで秋口に予定されているファームアップが楽しみです。            

Pawg260001

Atermのルータはほぼ5年ぶりですが WG2600HP3に変えて感じたのは、相変わらず設定がとても簡単だと言うことです。
IPV6による接続もらくらくスタートボタンを押しながら起動すれば、一々設定画面に入って設定する必要がありません。
スマホはNFCタグをアプリで読み込めば簡単に設定出来ますし、QRコードやらくらくスタートボタンで簡単に接続出来ます。
また、今回は使いませんでしたがWi-Fi設定引越し機能があり、Wi-Fi機器が多いときは便利です。            

Pawg260011

新しいルータに入れ替える際、これまでルータに接続していたWi-Fi端末ひとつひとつを設定し直すのはかなり面倒なものですがWPSを使った簡単な操作で、買い替え前のルータから各端末の設定情報を引き継ぐことができます。
この機能はAtermシリーズはもちろん、他社製ルータでもWPS対応であれば【Wi-Fi設定引越し】が可能です。
また、Atermに接続された無線端末を自動で検出して一覧表示する見えて「安心ネット」はスマホで不正な接続が無いか確認するのに便利な機能です。
惜しいのは有線接続は表示しないので、ネットワークマップを作るまでは出来ない点ですね
気持ちとしては早く「IPv6 High Speed」を出して欲しいです。

2018年5月25日 (金)

SAMSUNG M.2 SSD 970EVO

爆速!!(゚o゜)\(`´)バキッ 950とおなじこと書くな

970evo1t01_2

とは言え、速いものは速いですね(^^ゞ

SAMSUNGの 「SSD 970 」シリーズは、PROとEVOがあり、今回はEVOを購入しました。PCI-Express3.0(x4)インターフェースに対応したM.2 2280フォームファクターのSSDでNVMe1.3の採用により、シーケンシャルリードは3400MB/s、同ライトは2500MB/s、ランダムリードは50万IOPS、同ライトも45万IOPSを実現しています。最新V-NANDにより耐久性・信頼性も向上、1TBモデルでは600TBWまでの書込を保証していて、5年保証です。            

Cdmm21970evo

まずはデータドライブとしてX370 XPOWER GAMING TITANIUMのM.2スロット(MVNe接続)にセットしてCrystalDiskMarkで測定しました。
公称スペックを上回っています。

OS入れてCドライブでもかなり速いです。
ランダムアクセスは若干落ちますが、マルチスレッドアクセスはかなり速くなっています。

Cdm970c

 


ZIGSOWレビューは以下のサイトです。
https://zigsow.jp/item/343502/review/349626

» 続きを読む

2018年3月10日 (土)

Windows 10 Insider Preview BugFix

Windows 10 Insider Preview 17115.1 (rs4_release)180302-1642が配信され念願のディスプレー関係のバグがやっとフィックスされました。これで面倒な[プログラムを指定して実行]にコマンド打つことも無くなりました。
ZIGSOWのサイトでも報告しましたが、これまでWindows 10 Insider Previewは Build 17083だったため、なんとモニターのリフレッシュレートがOS側の設定から出来ないという既知の不具合がありしました。

Ds01_2

画像の通り「ディスプレイの設定」にリフレッシュレートを変更する『モニターの詳細設定』リンクがありません。




Ds02

ネットを検索し、対処法を探し、何とかリフレッシュレートの変更に成功しました。






» 続きを読む

2017年10月19日 (木)

JAPANNEXTのゲーミングモニター

JN-IPS27144WQHD 27インチ
人柱で買って見ました(ばき)
10月17日(火)発売と言うことで、11日に予約、本日18日に届きました。
これまでBENQの24インチ(FHD)を使っていましたがもう少し高解像度にしたかったのと、折角のRX480の2枚差しでゲームのリフレッシュレートが60Hzなのは、なんだかな~という感じだったので、以前からモニターは探していたのですが高いので二の足を踏んでいたところ、JAPANNEXTが低価格な27インチWQHD、144HzFreeSync対応のモニターを出すという記事を見て早速注文しました。
こんな外箱です。            

Img_1258


 

» 続きを読む

«Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2でPCトラブル

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31