フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2005年7月 »

2005年5月

2005年5月30日 (月)

何のためのメーカー保証?

会社のファイルサーバのバックアップ用に昨年の9月に買ったBUFFALOのLinkStation HD-HG300LANが、いきなり起動不能になりました。Digランプの点滅を見るとどうやら冷却ファンの異常らしい・・・1年もたたないでファン異常だって

9ヶ月間と言っても実際に使っているのは1日3時間程度、後は電源が自動で切れるから正味1000時間も使っていないのになぁ・・

まぁ、ファンという駆動部品だからある程度は仕方ないにしても問題はそこから先、当然保証期間内なのでサポートに問い合わせしたら「修理に出して下さい、ただしデータは初期化されます」だって・・・ファンの交換だけでデータ初期化とは・・これだからメルコはヾ(^^;ォィォィ

だいたい、会社のサーバのバッックアップなんだから顧客の個人データ満載の生HDDを、修理とはいえ社外に出せるわけ無いし・・・(この辺はその会社のセキュリティポリシーだから、顧客データ入っていようがかまわずバンバン社外に出す会社もあるんだろうけど(^^;うちの会社では絶対出来ません)

かと、言ってLinkStation バラして中のHDD取り出して初期化したら、当然保証外だよね
どうせ保証外にするなら秋葉原で壊れた該当のファン買ってきて自分で交換するわ

これでは何のためのメーカー1年保証なのか、分からない

本来、個人情報保護の観点からはこういう壊れたストレージ製品は「粉砕破棄」が会社としては望ましいでしょうね(^^;もったいないけど

メルコなんか買うからだぁ・・って社長には怒られるし(うちの社長はBUFFALOが嫌い(汗))
ま、二度とBUFFALOのストレージ製品は会社で買わないだろうけど・・本当は、次のストレージ増強計画で寺駅入れようかなぁ・・と密かに思っていたけど、RAID5組んだTeraのデータがFAN壊れただけで読み出せなくなるなら怖くて入れられないわ(゚゜;)\(^^)バキッ

さて、件のLinkStationはアキバで4cm角のファンを購入して無事復旧しています(^^;

今度は、最初からメーカー保証期間が無い玄箱買うかぁ(゚゜;)\(^^)バキッそれもメルコだって

2005年5月24日 (火)

S-ATA RID5

メインマシーンのP5AD2-E PremiumにはSerial ATA が2系統あり、一方はIntelのICH6Rでもう一方がSilicon Image SIL-3114 Serial ATA コントローラです。双方とも4chのSerial ATA (S-ATA)HDDを接続することが出来ます。またそれぞれRAID構成を取ることが出来、私の場合ICH6RをRAID1で組み、起動ディスクにしています。Silicon Image SIL-3114ではWindowsXP上のSoftWareRAIDですがRAID 5を組むことが出来ます。

WS000000

たまたまS-ATAの80GHDDが4台あったのでRAID5に挑戦してみました。

結果は、特に問題なく設定が完了しましたが、パフォーマンスはあまり良くないですね。特に書込はパリティを計算するためか単体運用より悪いみたいです。因みにRAID0で4台組むとさすがにパフォーマンスは良いですが、信頼性がありません。もっともS-ATAのRAID5がどれだけ信頼性がアルかは疑問なところですが(^^;

因みにHDBENCHはこの様になっています。・・・RAID0とは10倍以上違うし(^^;

Silicon Image SiI 3114 SoftRaid 5 Controller   SiImage Volume5
Read   Write    Copy  Drive
60093    8794    2047  D:\100MB

Silicon Image SiI 3114 SoftRaid 5 Controller  SI Volume A(RAID0)
Read   Write    Copy  Drive
102296   88427   24756  D:\100MB

2005年5月15日 (日)

CPUクーラー

Pentium4 XEの純正クーラがあまり冷えないのと、結構煩いので交換しました。CoolJagのLGA775専用クーラで冷花と言うものです。IntelのPWM対応でASUSのQ-FANを併せて設定すると静音とクーリングをほどよく設定できます。ただ使っていて感じたことは、見た感じ結構冷却力はありそうなんですが、室温20度くらいでCPU温度が50度を超えます。いくらPentium4 XEでも「ちょっと高過ぎかな?」と思います。pwm1

この時表示されるCPU温度は、CPUの内部センサーの表示温度です。

CPUクーラー本体に付けた温度センサーは40度前後を示しています。

無負荷時でこの温度です。これでは夏がとても心配です(汗)まぁ、極端に温度が上がると自動でシャットダウンしますが(^^;実際組み付けの時、締め付けが悪くクーラーとCPUが巧く密着せず温度超過シャットダウンしました。そこで感じたのが「この冷花は密着力が弱いのかな?」と言うことです。と言うのもこのPCはタワー型で、マザーボードが縦になるためCPUクーラーは横向きに付きます。最近のクーラーは銅製でとても重く、このクーラーも750gあります。当然、PCケースを立てるとクーラー横向きになり下の落ちようとする力がかかります。このクルーラーはスプリングで密着させるタイプなのでスプリングの力が弱いとクーラの重量に負け、クーラーがCPUから離れてしまいます。CPUとクーラの密着はほんの数ミクロンですのでわずかな離れも温度の伝達に大きな影響があります。実際にPCを横向き置いた場合はクーラーの重量が均一にCPUにかかるためか以下のような温度に落ち着いています。

pwm2 この時は室温が若干低めですが、PCの置き方により温度に差が出るのは事実のようです。

もう少しスプリングの力を上げられれば良いのでしょうが・・・

メモリーが激安!?

久々の秋葉原散策、神田祭もあってか、かなりの賑わいでした。

特に買い物は無かったのですがメインマシン(Pentium4 XE 3.73GHz ASUS P5AD2-E Premium)のメモリ(現在1G)にもう2枚512MBを足せるので、安かったら買おうかなと何件か覗いたところカクタソフマップのレジ前に「本日の特価品 NB(ノーブランド)DDR2 533メモリ512MBが3,980円」とありました。他店では5千円後半から6千円以上でしたし3月に買ったときは7,980円でしたので、たった2ヶ月で半額以下になったと言うことですね・・チップを聞いたところElixirと言うことで、安いことで有名なメーカーではあります。たまたまP5AD2-Eの動作品リストにあるメーカーなので、次の瞬間2枚購入していました。(爆)(デュアルチャンネルなので同容量が2枚必要)P5140115

一見BOX風ですがNB扱いのメモリー。チップがElixirだから・・・っていうかElixirブランドのメモリーじゃないのかなぁ?そもそもブランドのメモリーって?以前は国産でI・Oデータとかメルコ(現BUFFALO)とかだったけど、それはメーカー製PCでの話、元々動作保証の無い自作系のメモリの主流はノーブランドが多かった。特にDDRが主流になってきた現在は、ノーブランドでも「メジャーチップ」と言うヤツで、チップ名はサムソンチップやHYNIXと言う名前を聞きますねぇ・・これらは、メーカー製のメモリーにもよく使われるチップで、俗に言う「相性」というのがあまり無い様です。そう言えばElixirチップのメモリは以前GIGA-BYTEのマザーでDDR400が動きませんでした。ASUSのマザーでは動いたのでElixirはASUSのマザーでは相性が良いのかも知れません。

トップページ | 2005年7月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31