フォト
無料ブログはココログ

« CPUクーラー | トップページ | 何のためのメーカー保証? »

2005年5月24日 (火)

S-ATA RID5

メインマシーンのP5AD2-E PremiumにはSerial ATA が2系統あり、一方はIntelのICH6Rでもう一方がSilicon Image SIL-3114 Serial ATA コントローラです。双方とも4chのSerial ATA (S-ATA)HDDを接続することが出来ます。またそれぞれRAID構成を取ることが出来、私の場合ICH6RをRAID1で組み、起動ディスクにしています。Silicon Image SIL-3114ではWindowsXP上のSoftWareRAIDですがRAID 5を組むことが出来ます。

WS000000

たまたまS-ATAの80GHDDが4台あったのでRAID5に挑戦してみました。

結果は、特に問題なく設定が完了しましたが、パフォーマンスはあまり良くないですね。特に書込はパリティを計算するためか単体運用より悪いみたいです。因みにRAID0で4台組むとさすがにパフォーマンスは良いですが、信頼性がありません。もっともS-ATAのRAID5がどれだけ信頼性がアルかは疑問なところですが(^^;

因みにHDBENCHはこの様になっています。・・・RAID0とは10倍以上違うし(^^;

Silicon Image SiI 3114 SoftRaid 5 Controller   SiImage Volume5
Read   Write    Copy  Drive
60093    8794    2047  D:\100MB

Silicon Image SiI 3114 SoftRaid 5 Controller  SI Volume A(RAID0)
Read   Write    Copy  Drive
102296   88427   24756  D:\100MB

« CPUクーラー | トップページ | 何のためのメーカー保証? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S-ATA RID5:

« CPUクーラー | トップページ | 何のためのメーカー保証? »

最近のトラックバック

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31