フォト
無料ブログはココログ

« ハードディスクが壊れた | トップページ | 外付けHDDケースSerialATAt対応 »

2005年8月23日 (火)

TEPCO光開通

アクセス回線をBフレッツ・ハイパー・ファミリー(BHF)からTEPCO光・ホームに変えました(^^;(ま、親会社の絡みもありますが・・)BHFでも特に不満は無かったのですが100M占有という事にも引かれたのもあります。また、今までのIP電話(Bフレッツ@Niftyフォン-C)も番号が変わらず使えると言うこともあり変えました。

工事自体は2時間ほどで終わりました。既存の電話線・BHFの光配線と同じ配管から引き込み同じ経路で配線し、メディアコンバータ(メディコン)も電話の上辺りに壁掛けとしました。ケーブル色は黒でBフレッツの比べ気持ち柔らかい感じです。

P8220021メディコンは富士通製で小型のタイプです。 LANコネクタが下側に付いているのですがその隣にメディコンの設定用ディップスイッチの穴があり、私は最初間違えてこの穴にLANケーブルのコネクタを差し込もうとしてスイッチの設定を変えてしまい、速度が異常に遅くなるトラブルに見舞われました。TEPCO光さん、ディップスイッチの穴は塞ぐなどして少し考えて欲しいぞ・・・(笑)

トラブルを解消して速度計測実施、IP電話用のルータ経由ですがそこそこのスピードです。 IP電話自体の設定も自動設定を@Niftyのホームページから読み込んで終了。発着信とも問題ありません。料金はNiftyからの一括請求なので、今までよりは少し安くなります。

P8220024 WS000002

« ハードディスクが壊れた | トップページ | 外付けHDDケースSerialATAt対応 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107565/5603040

この記事へのトラックバック一覧です: TEPCO光開通:

« ハードディスクが壊れた | トップページ | 外付けHDDケースSerialATAt対応 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30