フォト
無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月24日 (月)

Viivについて

さて、今回組み上げたPentiumDマシンの特徴にインテル推奨のViiv(ヴィーブ)が使える事があります。Viivを一口で言うと、PCが家電並みに簡単操作(リモコン)ができ電源ボタンを押したときの動作も即応すると言うものですが、さすがコールド状態からPCの起動にそれを求めるのは無理があるため擬似的な電源オフ状態に見せる仕様のようです。(そんなのスタンバイで前からあったんじゃ?)と思われますが、技術的は色々複雑な内容になっているようです。
リモコン関係は対応品を購入してこなければならず、まだ試してませんが電源関係の操作を試してみました。
Pmceled_1Pmceviiv_1Pmcestr_1   

左から「起動状態」「退席状態」「スタンバイ(STR)」です。「退席」状態ではモニタ画面と音声はOFF状態ですがFANなどは回っていて、これまでのスタンバイと同じ様な感じです。これは設定によりキーボードのスリープボタンやPCの電源ボタンを押すことで「退席」に移行します。Windowsのシャットダウン画面から「スタンバイ」を選ぶとSTR状態になり、モニタ画面と音声意外にFAN等も止まるためかなり静かになります。画面では分かりづらいですが電源ランプが退席とスタンバイでは「オレンジ」になっています。(対応LED利用時)
この機能を今家で使う事は無いと思いますが、今後家電メーカがネット家電を出してくるウチ、いつの間にか製品に「Viiv 」マークが付いていたりして(^^;

2006年4月23日 (日)

FANコントローラ

以前から結構、熱いCPUを使うので(^^)ケースファンを多く使ってますが、やはり気になるがその風切り音ですねぇ。そんな事もあり、FANコントローラ(ファンコン)を以前から使っていますが、今使っているのはFan Master SF-609と言うモノでもう3年近く使ってます。初期不良交換はあったもののその後は順調に使えてました。ファンコンでは結構有名らしくWebにも色々書かれているようです。(現在も現役販売されているようです)Pfanm
ただ、電源の電圧変動に弱いらしく、ごく希にハングアップします。ハング時にはけたたましいアラーム音と共にコントロールが効かず停止してしまうので、あわててPCをシャットダウンするしかありません。ファンコンがFANを止めては話になりませんが(^^;
そんなこともあり、最近ではCPUFANのコントロールだけはM/Bに任せています。(昨年5月の記事参照)
先日も、深夜にいきなりFANが停止、けたたましいアラームが鳴ってしまいました。夜中に煩いのは家族にも迷惑なので付属のブザーを引き抜いて外しました。(かなり強引ですが(^^;)ついでに・・・と言っては何ですが、SF-609は元々のキットに交換用フロントベゼルが何枚か入っていて意匠を変えることが出来ます。Pfanbox1
実は初期不良の件もあって、購入時の箱を取っておいたのを忘れていて、久々に見たとき思い出したのですが、普通はカラー別に販売するメーカーが多い中、さすが見た目に拘るSUPERFLOWERは最初から全部入りです。(^^;)
折角なので、今のCoolerMasterのケースと合わせ「黒」に交換しました。ケースのロゴともマッチしなかなか良くなりました(^^)ケースの色に合わせ意匠交換が出来るのは、かなり便利です。

2006年4月10日 (月)

PentiumDマシーンの制作

久々に、PCを自作しました。・・て昨年の12月にも作ったような
今回は次期メインマシン用にとCPUはPresler(プレスラー)版Pentium D 930(2x2MB L2 3 GHz 800MHz LGA 775) にしました。でもこれを買ったすぐ後に価格改定がありましたね、高いのを買ってしまった(^^;・・・・・マザーボードはIntelBOXD975XBXLKRで初めてIntel 純正のマザーボードを買いました。Viivテクノロジー対応と言うことですが、どう違うのかよく分かりません(^^;一応WindowsXP Media Center Edition(MCE) 2005 を入れてみましたが「退席中」になるとモニターとオーディオが一瞬でオフになる家電並みと書いてるものの、ファンも回っているので一般のスタンバイとどう違うのか今一分かりません(^^;;私としてはSTRに一瞬で移行する方が良いです。まぁこれまでより結構速く移行しますが。ビデオカードはGALAXYと言う知らないメーカのGF7900GTと言うnVIDIAのGeForce 7900 GTチップでメモリは256MB DDR3、2xDVIポートにPCIExpressスロット用です。クロックを落としているようであまりパフォーマンスは良くないようです。その他のパーツは余り物を流用しました。
実験のためWindowsXP以外にVISTAやMCEを入れてみましたが特に不具合はありません。Vistadt2

ただ、Intelのドラーバーディスク(CD)からではオーディオドライバやRAIDドライバがインストールできません。いずれもIntelのサイトで最新版が出ているのでそちらをダウンロードした方が良いでしょう。

Pdkido
因みに、BIOSを0908(2006/04/04付)に変更したら左記の起動ロゴになりました(^^;Viiv対応が分かります。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31