フォト
無料ブログはココログ

« また、また、メモリ購入 | トップページ | Core i7 965 と Asus P6T その1 »

2008年11月24日 (月)

聖女の救済(悪魔の契約)

またまた、東野圭吾さんの小説を読みました。
ガリレオシリーズですが、ドラマと同じく女性刑事が活躍します。女性刑事はイメージとしては柴咲コウ・・という感じでは無いのですが、またこれもテレビ化・映画化されるんでしょうね、文中にも「福山雅治」の音楽を聴くシーンが出てくるし(笑)。久々の本格推理(と言っても犯人は最初から分かっていますが)なんですが、トリックがあまりにも現実離れしていて幾ら「虚数解」とは言え、使えないトリックのような気がしました・・・内容は、実際に読んでみて下さい(^^)
殺された旦那は、あまりにも非道な契約を奥さんに結ばせた代わりにその魂(命)を奪われる「悪魔の契約」(私が勝手につけた副題)を結んでしまったんでしょうねぇ・・・奥さん持ちの世の男共には背筋の寒い推理小説かも(笑)

« また、また、メモリ購入 | トップページ | Core i7 965 と Asus P6T その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖女の救済(悪魔の契約):

» 読書メモ(本) 『聖女の救済』 [自由の森学園図書館の本棚]
『ガリレオの苦悩』とほぼ同時に『聖女の救済』を読みました。ガリレオシリーズの長編第二弾です。 とても面白かったです。読み始めてから読み終わるまで釘付けになってしまいました。『容疑者Xの献身』と比べて、ラストはそこまで盛り上がらないような気がしたけど、今回の犯人も「凄い」人です。よくぞそこまで自分の行為を貫徹できたなぁ、と感心します。 犯人は、ガリレオと張り合うほど頭が良いし、しかも根気もある女性です。最初の部分ですでに彼女が犯人であることはほのめかされているのですが、どうやって夫を...... [続きを読む]

« また、また、メモリ購入 | トップページ | Core i7 965 と Asus P6T その1 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31