フォト
無料ブログはココログ

« 聖女の救済(悪魔の契約) | トップページ | DDR3メモリ »

2009年1月14日 (水)

Core i7 965 と Asus P6T その1

・・を、買いました。Phenom II X4 が出て、少し下がると思ったのですが、あまり下がりませんねぇ(^^ゞCore i7-965 ExtremeEdition (3.20GHz) (^^;当たり前か・・・久々の3G越えCPUですが、確かに「速い」という感じはあります。Sppiecorei71
因みにSuperπは13秒でした。
Core i7はQuad CoreとHyper-Threadingで、OSからは8CPUに見えます。Taskcorei72でも、ほとんどの時間CPUは寝てる感じですねぇ(^^
CPU-Zの表示です。Cpuzcorei71 
メモリは同一規格のPC3-10600(DDR3-1333) が2枚だったのでDualチャンネルで動かしています。
トリプルチャンネル動作のメモリに関しては、次回の投稿で少し詳しく書きます。
3Dmark Vantage ではCPUの性能はかなり高く出ます。3dmi7
マザーボードはP6Tで、ASUSのIntelマザーは久々の購入です。安定しているようならメインPCにするつもりです。P6TはDeluxの廉価版ですが、特にオーバークロックなどするつもりも無く、設定も豊富なので機能としては十分です。
Windows7のRCが出たら入れてみようかな?(^^;

« 聖女の救済(悪魔の契約) | トップページ | DDR3メモリ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107565/43735133

この記事へのトラックバック一覧です: Core i7 965 と Asus P6T その1:

« 聖女の救済(悪魔の契約) | トップページ | DDR3メモリ »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30