フォト
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月19日 (月)

Corei7 P6TにWindows7

入れてみました。β版ですがとりあえず動きます。

W7dt1
DiskをRAID0で組んだせいかDiskのパフォーマンスが良くありません。

W7pafo1_2 
Vistaと大きく変わったところはあまり無いように見えます。
ユーザのファイルは「ライブラリ」という場所に統括して保存されるようです。これまでのユーザ名直下がライブラリというフォルダに変わったような感じです。
ネットワークではデフォルトでパブリックフォルダーが公開されています。また、新たに「ホームグループ」という機能が追加されているようです。

W7lib1

DDR3メモリ

Core i7とP6TでPCを組んで思ったこと・・・メモリの選択が難しい。
Corei7では、Triple Channel でメモリーが動作するが、必ずしも高クロックのTriple Channel が速いとは限らない。
前回、GIGA-ByteのマザーでDDR3メモリを同種2組(4枚)のDualChannel使っていたが、それぞれDDR3-1333CL9となっているものの、SPDでのデフォルトが違っている。今回Corei7で2組のDualChannelとTriple Channelでの比較をスーパーπを使って行ってみた。
UMAX製CetusDDR3-1333CL9のDual

続きを読む "DDR3メモリ" »

2009年1月14日 (水)

Core i7 965 と Asus P6T その1

・・を、買いました。Phenom II X4 が出て、少し下がると思ったのですが、あまり下がりませんねぇ(^^ゞCore i7-965 ExtremeEdition (3.20GHz) (^^;当たり前か・・・久々の3G越えCPUですが、確かに「速い」という感じはあります。Sppiecorei71
因みにSuperπは13秒でした。
Core i7はQuad CoreとHyper-Threadingで、OSからは8CPUに見えます。Taskcorei72でも、ほとんどの時間CPUは寝てる感じですねぇ(^^
CPU-Zの表示です。Cpuzcorei71 
メモリは同一規格のPC3-10600(DDR3-1333) が2枚だったのでDualチャンネルで動かしています。
トリプルチャンネル動作のメモリに関しては、次回の投稿で少し詳しく書きます。
3Dmark Vantage ではCPUの性能はかなり高く出ます。3dmi7
マザーボードはP6Tで、ASUSのIntelマザーは久々の購入です。安定しているようならメインPCにするつもりです。P6TはDeluxの廉価版ですが、特にオーバークロックなどするつもりも無く、設定も豊富なので機能としては十分です。
Windows7のRCが出たら入れてみようかな?(^^;

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31