フォト
無料ブログはココログ

« 3DMark VantageのCPUスコア | トップページ | USB3.0が消える »

2010年11月 3日 (水)

今更のnVIDIA GF GTX480

nVIDIA「GeForce GTX 580」がまもなくリリースされることもあり、GTX480のリファレンスモデルの値段が下がってきました。(でもまだ3万円台ですが)前ページの3DMarkVantageがどれぐらい変わるのかも興味あったので入手してみました。
製品はPalitのGeForce GTX 480 (NE5TX480F09CB) で、購入時一番安かったのですが、今もどんどん値下がりしているようです(^^;

Pgtx4802_2

Pgtx4801

外観の印象は・・まず「デカイ」「長い!」です。メインPCのケースは奥行きのあるEnermaxを使っていますが、それでもシャドウベイのHDDとは干渉するのでHDDの場所を変えています。

Gfgtx4803

補助電源コネクタは8P+6Pとなっています。かなりの電気食いなんでしょう(^^;
通常の使用でファン音が気になることはありません。3DMark Vantageなどベンチマークを走らせると一気にGPU温度が上がり60度を超えます。この時ファンも連動して回転が上がります。画像系ベンチが終わると回転は一気に下がります。リファレンスモデルながら、なかなか細かいコントロールをしているようです。
さて、肝心のベンチマーク結果は・・・

W7x64expegpu

Windows7のWindows エクスペリエンス インデックスは7.8でした。SSDにした当時7.9だったプライマリハードディスク性能が落ちているのが気になりますが・・

3DMark Vantage High ではこのスコアです。初めてHIGH設定を試みましたが、かなり綺麗ですFPSも40台をキープすることが多く、なめらかでした。

3drisu3

PhysX PPUも効いているのでRADEONと比べCPUのスコアも高くなりました。市場は新しいRadeon HD 68XXが価格も安く人気があるようですがNVIDIAにもがんばって欲しいですね。
私はFPS系ゲームが好きなのでしばらくメインPCはnVIDIAを使おうと思います。

« 3DMark VantageのCPUスコア | トップページ | USB3.0が消える »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

今更というか、新製品が出てすぐにハイエンドモデル買って3DMarkとかで上位に入って自慢したいとかなければ、熟成を待ってよい良い製品が安く出るのを待つというのも手段ですね。
GF480も末期になって安くなり、MSIのLightningなんかは高いですが独自基盤、独自ファンで静音や省電力も達成したようです。もう少しこういう製品が早く出てくると良いですが。
GF580はGF480のマイナーチェンジと言われています。私は480 Lightningがもっと安くなれば考えてもいいかな?(笑)
1つぐらいヘビーなゲーム買わないと意味ないか(笑)

SSDは物理フォーマットしてください(笑)
かなり使い込んでいるようですね。

まぁ、私の場合、値段と性能と温度でしょうかねぇ(^^;
前のAMD HD5750は性能の割に通常使用時の温度が高く、表示でいつも40度前後です。
アイドル時とは言わないまでも低負荷時の発熱量が同じなら、高性能高発熱のGPUでも良いかなと思い、nVIDIAの480にしただけですが
GTX480も通常使用の温度は変わりませんので、低負荷時の仕事効率はnVIDIAの方が高いんでしょう

AMDはあまり温度は上がらないけど、通常時の温度も高いみたいですね。
週刊アスキーにGF580の緊急ベンチが出ていましたが、GF480よりアイドリング時は温度が低く、消費電力も下がりました。ファンも改善されたようで、最大でも47dBだそうです。今までは53dBだったそうです。
内容を見る限り、GF480のコアのマイナーチェンジで、性能向上って感じですね。
ヒートシンクの出来が素晴らしいようです。

大変申し訳ありません。前回のコメントを訂正させていただきます。
深くお詫びします。

ファンは、GF480は70dB以上、GF580はアイドリング時が45dB、高負荷時が50dB台前半だそうです。

静音性ということでは、金があればMSIのLighteningになりますが、あのお金で静かなGigabyteのGF460でSLIって選択肢もあります。

SLIはそれなりに性能上がりますね
良い選択肢だと思います。
>GF580はアイドリング時が45dB
そんなに高いんですか?通常使用時はそれほど高いように思えませんが・・・
ケースの中にあるからかなぁ

週刊アスキーなので(@ばき)
測定環境がわかりませんけどね。

Lighteningはアイドリング時37dB、高負荷時45dBだそうです。
そのうちGF580末期に似たような製品が出たりして(@ばき)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107565/49927449

この記事へのトラックバック一覧です: 今更のnVIDIA GF GTX480:

« 3DMark VantageのCPUスコア | トップページ | USB3.0が消える »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30