フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月11日 (月)

スマートフォン2機種byDoCoMo

ウチは地デジ化より、スマホ化の方が進んでいるようで、家族が相次いでDoCoMoのスマートフォンに切り替えました。もっとも、前回買い換えた携帯電話は既に2年間の支払いを終えたロートル機だったので、そろそろ機種変を考えていた頃でしたし、自分も会社でIS03を使っていたので自携帯をスマホにするのも良いかなと考えていましたが・・・まず奥さんの人がGALAXY S II SC-02C(サムソン製)にしました。これがすごいのは反応スピードが速いことですね、IS03とは雲泥の差です。画面も綺麗で明るく使い方に慣れればお勧めの機種と思います。難点は赤外線通信やお財布携帯が無いことぐらいでしょうか?
電話帳の移行はSDカードで簡単?(実際には自分では旨く行かずDoCoMoに持っていてやってもらいました)に出来、グループ分けにも対応しているので電話帳機能は充実している方です。(IS03にはグループ分け機能が無く、グループ分けするには裏技が必要)奥さんの人は悪戦苦闘しながらも、だんだん使いこなしています。
DoCoMoの人やDoCoMoスマートフォンヘルプセンターの人も優しく教えてくれるので助かります。
娘の方は最近出たXperia acro SO-02C(ソニーエリクソン)にしました。こちらも反応速度も速く快適ですが、何より全部入りスマホ(お財布携帯・赤外線通信)としてかなり人気だそうです。私もこちらを予約申し込みしていますが、何時になる事やら・・・(^^;、さてAcroの方ですが、IS03同様電話帳の機能に「グループ分」がありません、娘から「グループ分けが無くなった」と言われ、色々、ネットなど調べましたが新機種のため情報が少なく、今一正確な情報もありませんでした。Acroの電話帳のタグにはグループのようなアイコンのタグがあるのですがそちらにグループ名は表示されません。仕方ないので、グループ名が使えるg電話帳という電話帳アプリを入れましたが、グーグルアカウント同期が前提のアドレス帳のため、元の電話帳のインポート機能がありません。仕方なく、古い携帯から、電話等ソフト「携快電話」で電話帳を読み込み、Andoroid携帯(Gmail連絡先)にエクスポートを行い、AcroからGmail連絡先に同期をかけるとg連絡帳にグループが同期されます。
ただし、電話帳はSDからのバックアップは行わず空の状態で同期の順番は間違えないようにしないと、SDから読み込んだ電話帳と重複したり、電話帳を削除するとGmail連絡先が削除されるなどさんざんなことになります。また、FORMAでSDに入れていたミュージックが再生されないなど、まだまだ、解決しないといけない点が多くあります。
自分の携帯用に折角予約したXperia acroだけど、GALAXY S IIの方が使い勝手が良さそうだな・・と思っています。
会社のIS03もあるし、当面はこのままFORMAででも良いかと(^^;

2011年7月10日 (日)

地デジ対策

地上派アナログ放送終了も間近となり、家中にある残りの地デジ未対策機器をどうしようかと思い、まずは録画機を買い換えました。テレビがPanasonicの TH-26LX80のため、同じPanasonicのDIGAを買いました。機種はHDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダーのDMR-BWT500です。秋葉原のソフマップでは「品切」でしたが、ヨドバシカメラでは山積みでした。価格は62,800円の20%ポイント付き(クレジット購入は18%)で実質51,496円とネットで買うよりかなり格安でした。操作はビエラリンクという機能でテレビのリモコンだけでDIGAを操作できるのが特徴です。また、ディモーラの会員になると、遠隔(ネットや携帯)から録画予約を追加変更削除が出来ます。録画設定を忘れた場合はとても便利ですね(^^;
HDD容量は500GBと少なめですが、あまり撮りだめするタイプでは無いのと、必要ならブルーレイ(BL)やDVDに落とせば良いかなと考えています。まだ、BLやDVD録画は行っていませんが、DLNAにも対応している様ですのでホームサーバとしても使っていけそうです。
後地デジ化対策出来ていないのは、娘の部屋のテレビと自分のパソコンですが、テレビは5千円ぐらいのチューナーで良いかなと思っています(^^;パソコンはおいおいでいいでしょう。

2011年7月 1日 (金)

HDD+SSDのハイブリッド機能 その2 Z68編

前記事で紹介したAsus P8Z68 DELUXEのMarvellコントローラで実現するHyperDuo機能に対してIntel Z68 Expressチップセットには、SSDをHDDのキャッシュとして利用する新機能「Intel Smart Response Technology(Intel S.R.T.)」が付いています。今回はこの機能をレポートします。

続きを読む "HDD+SSDのハイブリッド機能 その2 Z68編" »

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31