フォト
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月12日 (日)

ASUS P9X79 Pro BIOS更新

Windows8対応のBIOSに更新するためBIOS Converterを実施しました。今後のBIOS供給がROMファイルからCAPファイルに変更になるため先に、コンバートを実施する必要があります。
ASUSのサイトからP9X79-PRO-CAP-Converter.zipをダウンローします。同梱されるPDFのガイドを参考に、P9X79-PRO-CAP-Converter.ROMをP9X79PRO.ROMにリネームして、通常のBIOS更新ユーティリティーで更新するだけの簡単なものです。
Windows上で動作するASUS Updateでも出来るようですが、ネットでいくつかトラブルが報告されていたので私はASUS EZ Flash2を利用しました。
                EZ Flash 2でのUpdate方法
1 USBポートにBIOSコンバータをリネームしたファイルをコピーしたUSBメモリを挿入します。
2 BIOSセットアッププログラムの[詳細設定モード(アドバンスモード)]に入ります。 [ツール]メニュー> ASUS EZフラッシュユーティリティに移動し、Enterキーを押します。
3 ドライブのフィールドに切り替えるTabキーを押します。
4 BIOSファイル(今回はコンバータが含まれている)USB flashディスクを上/下矢印キーで選択し、Enterキーを押します。
5 Folder Infoフィールドに切り替えるTabキーを押します。
6 更新するBIOSファイルを上/下矢印キーで選択し、Enterキーを押しBIOSの更新を実行します。
更新プロセスが完了し、システムを再起動します。システムのリブート後に二回、CAPの変換処理が行われます。
更新後、BIOS設定がデフォルトに戻るので、必要なBIOS設定を実施します。

私の場合BIOSに設定はSATA設定をRAIDにして起動ドライブの順序変更ぐらいですが、SATA設定のみデフォルトのAHCIに戻っていました。
ASUSのサイトではコンバート後に新しいBIOS(現状2002)にアップデートするよう書かれていますが、コンバートが終わった状態でBIOSも2002にアップデートされていました。

Ais2x79

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31