フォト
無料ブログはココログ

« BF4のDirect X エラー | トップページ | Windows8.1アップデートでUSBマウスとキーボードが使えない »

2013年10月20日 (日)

Thermaltake Water 3.0 Extreme 水冷CPUクーラー その2

前記事で、AMDのFX-9370(TDP220W)と言うモンスター発熱&消費電力CPUに対応した簡易水冷式CPUクーラーを購入した件を書きましたが、ThermaltakeのWater 3.0 Extremeは高負荷時も、CPUのシステム表示温度が50度台と、CPUをよく冷やします。しかし、マザーボード(M5A99FX PRO R2.0)ではCPU温度が68度まで上がりAISUITEからアラートが出てしまいます。
そこで、Water 3.0 Extreme のファンの位置を正規の吹きつけ式の変更してみました。

Water3ex11

W3etemp5

しかし、ラジエター液温とCPUの温度は下がったものの、相変わらずマザーの温度は高いままでした。そこでマザー自体を冷やすようマザーボードに補助ファンを取り付けました。


W3etemp6


この効果は覿面で、これまでベンチを走らせると68℃まで上がっていたマザーボードの温度が53℃が最高となり大きく下がりました。やはりTDP220wでマザーの冷却は必須です。しかし、CPUの方の最高温度が50℃行かないとうのはThermaltake Water 3.0 Extreme恐るべし・・・・・

W3etemp4

« BF4のDirect X エラー | トップページ | Windows8.1アップデートでUSBマウスとキーボードが使えない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

マザーの温度がとても上がる、さすがTDP220Wですね。
私はそこまでのゲーマーではないので不要です。
AMDを試す気はないので、お金を貯めて2015年辺りですかね。

私もそこまでゲーマーじゃないですが(^^;
マザーを冷やしたのは久々ですねぇ・・さすがAMD
AMD良いですよ~
自作PCコンテスト「FX-9370 KING OF DIY PC」をfacebookで大々的に開いても、応募は私含め2名・・・どうするんだろう?(ばき)

入賞確実ですね?(Y/y)
10年前の給料だったら遊ぼうという気持ちになりますが、今は残念ながら財布にも心にも時間的余裕もないので、AMDで遊ぼうという気持ちになれません。
最後に使った時にはCPUは壊すし(ばき)、マザーは正常に動かないし、Canopusのビデオキャプチャーカードは動作しないしで、散々でした。そのイメージが抜けません。
この省電力時代に、TDP220Wってのもねぇ・・・・
まぁ、なおちゃんさんが遊んでやってください。
私の方は、Haswellは多分パス?と思いますが、SSDでHaswellのDevSleep対応製品を使うことがあれば、Upgradeする可能性は否定しませんが(ばき) mSATA用は出てきましたね。
RADEON用カードで、CPUファンを静音、OCで回転数に差をつけられるものが出てきたようですね。NVIDIA用でもやって欲しいです。

それは無いでしょう。AMDは猛者がいっぱいいるので(^^;
220Wもまぁ、愛嬌でしょうねぇ

HaswellはMSIのマザーにmSAT挿すところがあるので使って見たいです
RADEONはしばらく買わないでしょう(^^;

是非やってみて下さい。>mSATA
Intel製だと、DevSleep対応品があります(@ばき)>嵌まりそう

>Intel製だと、DevSleep対応品があります(@ばき)>嵌まりそう
基本、MSI Super RAID(スーパーレイド)インテルRRSTやSRTをより簡単に設定するためのツールなので、機能は使わないでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BF4のDirect X エラー | トップページ | Windows8.1アップデートでUSBマウスとキーボードが使えない »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31