フォト
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

ASUS AI Suite III の不思議

メインPCをASUSのZ97 Proに変えHDDの内容はX79からそのまま引っ越しました。当然ハードが変わっているのでAI Suiteも入れ替えになります。
AI Suite IIをアンインストール、AI Suite IIIを新たにインストールしました。バージョンはWeb上にあるバージョン 1.00.79です。
最近、PC部屋のレイアウト変更を行い、ギガスイッチングハブ(HUB)のアクセスランプが見やすくなって改めて気づいたのですが、PCの起動中ずっと、ネットワークのアクセスランプが激しく点滅しています。仕事柄、大量の通信をしている時に点滅するのは分かるのですが、特に何も使っていないのに、ランプが激しく点滅しています。「これはウィルスか?」と思いチェックをしましたが何も出てきません。
リソースモニターのネットワーク負荷も全く高くないので、ウィルスや大量のファイルダウンロードでは無いようです。
ネットワークを利用しているアプリを確認すると、AI Suite IIIとでます。試しにAI Suite IIIをアンインストールすると、HUBの常時点滅は無くなりました。原因は分かりましたがAI Suite IIIの各ソフトは使っているものもあるので、各ソフトを個別にインストールして不具合のあるソフトだけ入れないようにしました。
そこで引っかかったのは、Flashback -ASUS USB BIOS Flashback V1.02.06 for Windows 7/8/8.1 32bit & 64bit. (Z97-A / Z97-AR not support)でした。なぜUSB BIOS Flashbackが?という感じでしたが、設定に中に「最新版をサーバにアクセスしてダウンロードする」という機能があるようなのでそれが悪さをしてるのでしょう。
サーバにアクセスするタイミングは変更できるようなのでそれを変更して直るか試してみたいと思います。
たぶん、HDDを引っ越した事によるゴミ類が悪さをしてるのかも知れませんが、AI Suite がらみのアップデートが、それも入れてみます。

2014年9月22日 (月)

Haswell-E(デスクトップ)とRampage V Extreme

長らくメインPCで使っていた6コアのCore i7 3960X Extreme Edition を4コアのCore i7 4770K (Haswell)に切替、新たに実験用としてCore i7-5960X Extreme Editionを購入しました。5960x1

マザーボードは、今回初めてASUSのゲーミングブランド「R.O.G」シリーズ「RAMPAGE V EXTREME」です。最初はネットの方が安いのでネットで買うつもりでしたが、たまたま秋葉原に行ったら、BUY MOREでCPUとマザーセットの8%引きをやっていました。セット割りは各店やっていますが、固定額の値引きなので高額商品では、ネットで単体購入の方が安くなります。
でも、%引きなら、高額になれば割引額も上がり、当日のネットの最安値と比較しても安くなったので購入しました。
Rampage_v1




まだ、時間が無くて組んでいませんがCore i7-5960X Extreme Editionは3960と大きさ的にもあまり変わらず。CPUクーラーもそのまま使えるようです。

5960x2

ASUSUのRAMPAGE V EXTREMEははっきりって「デカイ」「重い」「高い」(バキ)の3拍子揃って、秋葉原からの帰り道は苦労しました。
E-ATX(SSI EEB)サイズのマザーは初めてなのでケース(CoolerMaster CM 690 II Plus rev2)に入るか心配です。(おいおい、計ってないのか(^^ゞ)
今回は簡易水冷を行うので、ケースの加工が必要です。組み込みまでは少し時間が掛かりそうです。

Ddr424001

今回は、CPU、マザーボード、メモリーとほとんどが総入れ替えのためかなり大きな出費になりました。3960xと使っていたマザー、メモリーを出来るだけ高額で処分しないと、破産しそうです(゚゜;)\(^^)バキッ

続きを読む "Haswell-E(デスクトップ)とRampage V Extreme" »

2014年9月 2日 (火)

MicroATX用ケースと4TBのHDD

あまり使っていない奥のPCを家庭内ファイルサーバ(NAS)化しようと思い、WDの4TB HDDを買いました。時を同じくして、coneco.netの体験レビューに当選し、BitFenix のMicroATXケースBFC-CLM-300-KKLS1-RP [Colossus-M]を入手することが出来たので、これにNASを組んで見ることにしました。
HDDはWESTERN DIGITAL WD40EZRX [4TB SATA600]で、2台購入しRAID1のミラーリング構成です。

Wd40ezrx1

速度とかは求めず安全志向で行きます。PCの起動ドライブはSSDのRAID0にしていますが(ばき)

ケースについては 一月ほどレビューレポートを書いたら、安定稼働に移り、NASとしてその辺に転がしておけば良いかなと考えています (^_^;)\('_') オイオイ

            
Colossus3Colossus-Mは外形寸法で250(W)×330(H)×374(D) mmのケースに大型グラフィックカードや簡易水冷が搭載できるのは凄いです。

電源やHDDの搭載方法を工夫してコンパクトな筐体に拡張性を持たせています。

Colossus4
HDDは、3.5インチが4基、2.5インチが2基搭載可能です。
写真はHDD専用アダプタで、ケース底面には3.5インチHDDが2基搭載可能です。アダプタは3.5インチ2基+2.5インチ2基もしくは2.5インチ3基の排他搭載となっています。

Colossus11

イルミネーションが綺麗でおしゃれ?

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31