フォト
無料ブログはココログ

« RAMPAGE V EXTREMEの「OC Socket」の効用 | トップページ | Kingston製 HyperX FURY SSD 240G レポート »

2014年11月16日 (日)

スリムベアボーンZBOX ID18

娘のAOpen製「mini PC(MP915-B)」のOSがXPと古く調子も良くなかったので、同じような小さいベアボーンを検討していたところ、ZOTACのZBOX ID18が安く出ていたので購入しました。
送料込みで16,800円だったのでかなりお買い得です。ZBOXはMP915と比較した画像から分かるとおりDVDドライブが無い代わりに高さ(厚み?)が低く、全体的には一回り大きい感じです。

Zbox5

組み立てはメモリーと2.5インチHDDを取り付けるだけととても簡単です。

Zbox4

組み立て後、OSをインストールするためUSBのDVDドライブを接続して、起動しましたがDVDドライブをBIOSが認識しません。補助電源も付けたのでUSBインターフェースの相性かも知れません。

Zbox2

急造でSATAの5インチDVDドライブをUSB変換コネクタでUSB2.0にして、電源はACアダプタで供給したところ無事DVDドライブから起動出来ました。
ZBOX ID18はBIOSでHDDやDVDの起動順を変更することが出来ない、自動認識タイプのようで、DVDドライブを繋いでBOOTデバイスがあるとそれを優先して起動するようです。
ちなみにXPのデータは32bit版のWindows8のWindows 転送ツールを使ってファイルを作ったものを、ZBOXにインストールした64bit版のWindows 転送ツールで読み込む事ができました。

« RAMPAGE V EXTREMEの「OC Socket」の効用 | トップページ | Kingston製 HyperX FURY SSD 240G レポート »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

BIOSで起動順位が変更できないというのは要注意ですね。
メモリもノート用なのですね。

起動順がBIOSに出るのはHDDとUSBカードリーダですね、カードリーダーから起動出来るのかは不明ですが

メモリーはS.O.DIMですね・・・普通のDIMだと大きくなりすぎ筐体の制約が出るのかも?

>>起動順がBIOSに出るのはHDDとUSBカードリーダですね、カードリーダーから起動出来るのかは不明ですが

是非やってみてください。

>>メモリーはS.O.DIMですね・・・普通のDIMだと大きくなりすぎ筐体の制約が出るのかも?
まぁ、こういうマシンで16GBも要らないですし。

BIOSの更新版は出ていないのでしょうか?

この手の製品はBIOS更新は無いでしょうねぇ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RAMPAGE V EXTREMEの「OC Socket」の効用 | トップページ | Kingston製 HyperX FURY SSD 240G レポート »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30