フォト
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月18日 (水)

Amazonの定額音楽配信サービス「Prime Music」

前記事でApple Musicを購入するためAppleIDの更新トラブルを書きましたが、Apple Musicを購入したのはApple MusicのAndroid版アプリが出たためで自分のスマホに音楽をダウンロードして聴くためでした。
実際にGalaxy S6 edgeでApple Musicアプリを使い始めましたが「全くだめ!!」です、とにかく「落ちる」プレイリスト毎Wifiでダウンロードしているので「オフライン」で聴けるはずですが、電車内や駅でWifiやLTEが切り替わると瞬く間に音楽がストップします。画面表示も受け付けないのでハングアップしてるようです。またモバイル通信のデータ量が半端なく多いです。オフラインで聴けるようすべてダウンロードしてるのですがその機能は旨く働かずバックグランドで通信しているようです。
使えないものにお金を払う気は無いので無料期間が終わったらさっさと止めるつもりです。
代わりに今日から日本でも始まったAmazonの定額音楽配信サービス「Prime Music」を購入しました。これも前記事で書きましたが元々Amazoneのプレミアム会員なので追加料金無しで音楽を聞くことが出来ます。
とりあえず100曲ほどプレイリストでダウンロードして聴いてみましたが通勤中の電車内でも一度も落ちることは無く安定して聴けました。
また、データ通信量も少なく音楽データはWIFIでダウンロードしてオフラインで聴けています。
両方を比較して感じることは、音質的には「Apple Music」の方が好きです。データ形式は分かりませんが再生音量も大きめです。「Prime Music」はMP3と言うことで若干音質は落ちるのかも知れません。
またプレイリストのの作りもAppleの方が一日の長があるようで私の好みに合っています(ただしForYouとして毎回押しつけてくるお勧め音楽の表示がウザイです)
Amazonは始まったばかりでもあり、これから音楽数やプレイリストなども増やしていくことを期待します。
音楽アプリの基本とも言える再生機能が安定していないAppleは土俵にも登れないのでなんとか頑張って欲しいですね・・・ま,IOS版だけが売れれば良いのかも知れませんが

2015年11月15日 (日)

Windows10 メジャーアップデート不具合

Windows10のメジャーアップデートがWindowsUpdateでインストールされるようになりました。内容的には既に「Windows 10 Insider Preview」Build 10586が公開されていて、その正式版となっています。そのためまるまるインストールし直しと言うことで、俗に言う「上書きインストール」になります。アプリケーションとデータは保持され、CドライブにWindows.oldフォルダーが出来ます。
  Windowsは上書きインストールなどすると,認証など初期設定をやり直さなければならず少々面倒なことになったりOSの機能がデフォルト設定に戻ることで不具合が発生したりします。
   今回のメジャーアップデートでは,例によって「ロック画面のNumlockが外れる」という現象が再発。こちらは以前書いたとおり電源設定の高速シャットダウンを無効化することで復旧します。
認証関係ではMS OfficeとJUSTSYSTEMのATOKが再認証(シリアルキーなど入れ直し)が必要になりました。
それ以外にも不具合は出てくるかも知れません。
新しい機能としてはCortanaが使えるようになりましたが私は使っていません。

Winverw10up1

2015年11月12日 (木)

Apple ID セキュリティ強化で危うく1万円がパーに!!

ほとんど使っていないApple IDですが、1万円近いiTunesCardがデポジットされています。使わずにいるのも,もったいない?のでそろそろ使おうかと思ってPCのiTunesからストアに入り、何の気なしに「AppleMusic3ヶ月無料トライアル」に進んだら「このPCでの購入は初めてなので,セキュリティの合い言葉を入れろ」の画面になりました。
合い言葉なんか入れたかな?と思いつつ,思い当たる言葉を入れても全部NG、仕方無いのでセキュリティリセット(修復)用のメールアドレスにメールを送るリンクをクリック。
しかし待てど暮らせどメールは来ない。メアドを間違って登録したのかな?と思いつつサポートのFAQを見ると「セキュリティリセットのメールが届かない場合はサポートに連絡」となっていたのでAPPLEのサポートに電話しました。
事情を話してセキュリティ担当に変わってもらい「セキュリティ質問をリセットしたい」旨を伝えると。「リセットには2項目以上の本人確認が必要」とのことで1つは「AppleIDの管理画面で取得する確認コード」もう一つは設定した「セキュリティ質問の回答」だそうで・・・おいおい,それが分からないからリセットしてとお願いしてるんですけど・・・・・
このまま,確認が取れないとチャージしてある1万円分のプリチャージは一生使えない!
というとんでもない事になります
それ以外に方法は無いか訊くと「Apple製品を持っていればそれで確認が取れる」と言うが,個人では持っていない(昔iPodが有ったが古くなって捨てた)iPodを持っていませんか?としきりに訊いてきたのでどうやら昔の情報は残ってるらしい・・仕方が無いので会社のiPhoneにAppleIDを一時登録してそれで確認コードを送ってもらいなんとか、セキュリティ質問のリセットをしてもらった。
AppleID(パスワード)は不正アクセスされるとチャージ金が使われてしまうと言う被害があるので、セキュリティ質問のリセットなどをロックしてセキュリティを強化するのは分かるが、私のように個人でアップル製品を持っていない人間がAppleIDに長期間チャージを残しておくのは大変危険であることが分かりました。
チャージ金が使えずに儲かるのはAppleだけですので・・・ロックするのが一番簡単なんでしょうが・・なんだかなぁ

新しいセキュリティ質問と回答を登録し,忘れないよう画面のスナップショットも保存し後はセキュリティ質問をリセットするメールアドレスも変更して・・・と万全の体制にしました。

ちなみに、AppleIDの管理画面で色々変更すると,登録したアドレスにこれでもかと言うほど確認のメールが飛んできてました。またセキュリティ質問の画面を操作すると修復用に登録してあったアドレスにもメールが来ていたので,やはりメアドが間違っていたのでは無くセキュリティ質問のリセットがロックされていたようで、完全にIDが乗っ取られていると勘違いされていたようす。

まぁ、今考えると私がAppleIDの管理画面で行っていた操作はID乗っ取り犯と間違われても仕方無い操作だったようでシステムが誤認したのでしょう

             
             
             

2015年11月 5日 (木)

Amazon fireTVstick

1,980円だったので買って見ました。

Amazonetv1

中身はTVのHDMI端子に指すAndroid端末です。俗に言うドングルですね
Amazonはプライム会員になっていると、いくつかビデオが無料で見られるプライムビデオという特典がありそこそこのビデオタイトルがあります。
Amazonビデオはパソコンのブラウザで見ることも可能ですがfireTVstickはHDMI端子のあるPCモニタに指せばPCを立ち上げずに映画などが見られるので便利です。
小さな端末で画像処理に不安がありましたがHD画質でも問題なく再生できます。
音声出力はTV側のスピーカーを使うのが一般的ですが、fireTVstickはBlueToothも内蔵しているので音声出力の無いPCモニターでもBlueToothスピーカーやヘッドフォンとペアリングして音声を聞くことが出来ます。
リモコンも付属しているのでベッドの上で簡単にカウチポテトを楽しめます。
電源は指定のUSB電源が付属しています。偶にWifiが切れることもありますが通常の試聴には全く問題がありません。また、ビデオタイトルを検索するときはBlueToothキーボードがあると文字が入力しやすいでしょう。ゲームなども出来るようですがまだ試していません。基本はAndroid端末なのでスマホのようにアプリも使えるようです。大画面のスマホが簡単に使えると、一層パソコンを使わなくなりそうですね(^^ゞ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30