フォト
無料ブログはココログ

« Windows 10 勝手にアップデート弊害 | トップページ | 家庭内ファイルサーバ更新 »

2016年8月16日 (火)

Windows 10 Anniversary Update

X99のマザーボードを入れ替えたのを機に、OSもWindows10無償アップグレードが終わる直前にクリーンインストールしました。(既にマイクロソフトアカウントに紐付きでアップグレード済みなので、無償期間終わってもアップグレードできますが・・・)
先頃、Windows 10 Anniversary Updateが配信され早速メインPCをアップデートしました。
巷では、SSDを使う環境でデータドライブやアプリのインストオール先を他のドライブにしているとパーティションの喪失やフリーズが発生するとの報告がネット上であります。
ウチの環境、まさにシステムドライブをSSD、データドライブや一部アプリをHDD(D:)にインストールしています。しかし今のところ、フリーズなどの障害は発生していません。
同じ条件でも、すべてのPCで発生するわけでは無いようですね

SSDがM.2スロットのPCI-E(MVNe)接続だからかも知れません             

W10auver

 





以下は、いつもの不具合備忘です。
              Windows10でロック画面のNumlockキーオンが保持されない。
             
1. キーボードの Windows キー と [R] キーを同時に押し、「regedit」と入力し、レジストリ エディター (Regedt32.exe) を実行します。
2. HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Keyboardに移動します。
3. InitialKeyboardIndicators の値を 「2147483648」 から 「2147483650」 に変更します。
   次に
4. HKEY_USERS\.Default\Control Panel\Keyboard に移動します。
5. InitialKeyboardIndicators の値を 「2147483648」 から 「2147483650」 に変更します。
   加えて
6.コントロールパネル>システムとセキュリティ>電源オプション>"電源ボタンの動作を選択する" と開いていきます
7."シャットダウン設定" にある "高速スタートアップを有効にする(推奨)" をオフ(チェックを外します)にします。
8.1の時と設定値が変わったようです。
             

« Windows 10 勝手にアップデート弊害 | トップページ | 家庭内ファイルサーバ更新 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うちはSSDをCドライブにして、そこにOSとアプリを入れているので、その手の問題は出ていません。
NumLockの問題も出ていません。
しかし、今まで使えていたPlex PX-W3PEが映らなくなってしまいました。
BonDriverは同じですが、私のはRev1.2ですが、Rev1.3なら映るという報告があります。
2.0ではドライバが変わるのと、まだ報告を見ないので、しばし様子見です。
もうBonDriverのVerUpは期待できないでしょうし。
OS側で何かした可能性もありますね。

もう1台のマシンで勝手にWindows10にされそうにして途中で中止し、Windows7に戻しましたが、そのマシンでIntensity Proが動作しなくなりました。
ボードの故障を疑い修理に出しましたが、異常なしで戻って来ました。
ケーブルも交換したし、ビデオカメラから直キャプチャーもやりましたが、どれもダメでした。

こちらでは難儀が続きます。

ハードに依存するドライバーは対応できないですね
開発にもお金がかるので古いハードのために新たな支出はメーカもしないでしょう
(潰れている事もあるし)
新しいOSでは新しいハードを使えと言うことですね

まぁ、あの手のモノですから、新しいハードはもう出ませんね。

あんな意味のない規制をやめてくれればいいんですが。
規制するほどのテレビ番組あるんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows 10 勝手にアップデート弊害 | トップページ | 家庭内ファイルサーバ更新 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30