フォト
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月 9日 (日)

フレッツのPOI(IPV4)からIPV6プラス接続へ切替

ずっと言われ続けてきた「NTTのフレッツが夜間遅い問題」ですが、ギガラインに切り替えても顕著になってきたため、最近、メーカーから出始めてきた「v6プラス」(JPNE)対応ルータに変更し、何とかIPV4接続も快適になりました。
夜間でも極端なダウンロードをするわけでは無いので、数メガ程度のダウンロード速度が出れば快適に使えるのですが、ここ最近は、酷いときには1Mbpsを切り、良くても2~3メガ程度しか出ませんでした。            

Radishv4

利用しているプロバイダー「@nifty」はフレッツの接続でIPV6サービスを以前から提供していることは知っておりIPv6接続オプションの加入もしていました。
フレッツハイスピード(200Mbps) の時はこのIPv6接続オプションサービスでIPV6ネイティブサイトの通信は『概ね1Gbps』とかなり快適に行っていました。
しかしフレッツ光ネクスト・ギガラインに切り替えてからは、同じ1Gbpsのサービスになったのであまり積極的に使う事は考えていませんでしたが、これほどPPPoEによるIPV4のインターネットが遅くなっては、使わざるを得ない・・と言うか使わない手は無いと言うことで、フレッツのPOIを使わないインターネット接続に切り替えました。
仕事がISPのためNTTのフレッツでインターネット接続をする際、従来のIPアドレス体系であるIPV4による通信を行うときに速度のボトルネックがNTT設備のPOIに有ることは知っていました。また、その回避方法としてNGN網(NTTのIPV6網)を使った複数の方式があることも知っていました。
仕事上で顧客向けには、POIの輻輳を回避したサービスも行っていますが、個人としては特殊な?ルーターを購入し設定する必要があり、ハードルも高いと判断していました。

Ipv6rooter01

最近、IOデータから安価な「v6プラス対応」ルータ(実売6000円弱)が販売されていることを知り早速購入し付け替えました。
ただし、この手法はNTT東西のフレッツ光なんちゃらサービスを使うすべての人に有効なわけでは無く加入しているプロバイダがIPV6オプションやv6プラスなどの名目でIPv4over IPv6などのオプションサービスを提供してる場合に限ります。詳しく知りたい人は「フレッツ遅い」や「IPV6プラス」「DS-lite」「MAP-E」などの検索キーワードでググってください(笑い)。
@niftyではv6プラスと言う名目でIPv4 over IPv6(MAP-E)のサービスを提供しており、利用には事前の申し込みが必要です。似たような名前でIPv6接続オプションと言うサービスもありますが、こちらでは従前のPOIの輻輳(=遅い)を回避できませんので注意が必要です。            

Ipv63

v6プラスのインターネット接続では従来のPPPoE接続は行いません。ですのでプロバイダから払い出されるPPPoEアカウントをルーターに設定することはありません。
接続方式をPPPoEからv6プラスに変更して再起動するだけです。
インターネット接続が可能になれば成功です。
実際の速度を時間帯は違いますがいくつかのサイトで計測してみました。

Ipv62

Ipv64

Photo

また一番遅いと言われる11時台で150Mbps以上でています。ブラウジングのストレスは全く感じなくなりました。

Radi11pmv6


代償としては、これまでIPV4のグローバルIPアドレスが、PPPoEの接続に対し1個割り振られていましたが、v6プラスでは共有となり、使えるポートも割り当てが決まっています。

Ipv61

また、接続事業者(プロバイダ)名もNifty(infoweb)からJPNEに変わっています。特定のポートが必要なゲームやIPV4の固定IPアドレスが必要なサービスを使う人には不向きかも知れません。

私は全く問題ないのでこのまま使おうと思います。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31