フォト
無料ブログはココログ

« フレッツのPOI(IPV4)からIPV6プラス接続へ切替 | トップページ | JAPANNEXTのゲーミングモニター »

2017年8月28日 (月)

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.2でPCトラブル

まぁ、非WHQLなんで仕方ないですが、最初自動アップデートで強制終了だったので、いつもの通り?手動でダウンロード後カスタムインストール、一見正常に終わったように見えて再起動すると、起動時にマウスカーソルは出るがロック画面にならないキーボードも反応しない・・・と言う事でハングアップ。

メインのPCなので、起動しなくなるとちょっと困った。
AMDのグラフィックドライバが上手くインストール出来ていない、もしくは壊れているのが原因であることは明白。ドライバーが原因なのでセーフモードが使えれば何の問題も無いのですがWindows 10では事前に指定しておく必要があるので出来ない。(出来なくも無いですが操作が面倒・・)
とりあえず、Windows 10の起動USBディスクから、修復を試みました。
インストールの画面で[コンピューターを修復する] -[トラブルシューティング]の[詳細オプション]をクリックし、システムの復元・スタートアップ修復のいずれも失敗。
「これはいよいよ、バックアップからのリストアかな」とAcronisのバックアップソフトTrueimage2015のブートディスクで起動、バックアップを確認したら、システムドライブCはラッキーなことに1週間前の8月21日付がある「じゃ、リストアしよう」とリストア先を見るとCドライブが出てこない?ググってみるとTrueimage2015のブートディスクはNVM Express(NVMe)のSSDを認識できないとあります。リカバリ用のブートディスクをWindowsPEで作っておくと、そちらでは認識するらしい。ブートOSの問題みたい
仕方ないのでたまたまソースネクストでTrueimage2017を1780円で売っていたので、早速購入。セカンドPCにTrueimage2017を試用でインストルした後、ブータブルメディアをUSBを使いWindowsPEで作成。
起動USBでメンインPCを起動、WindowsPE環境ではMVNeのSSDが見たので、そちらに件のバックアップをリストア。
メインPCは何事もなかった様に立ち上がりました。
データは別ドライブにしてるのでロストも無く、1週間の間に入れたアプリケーションソフトだけ再インストールしました。
なお、一部のクラウド連携ソフトやサービスでは、連係データのバックデートが発生してるのでID・パスの再認証が必要になる場合があります。

« フレッツのPOI(IPV4)からIPV6プラス接続へ切替 | トップページ | JAPANNEXTのゲーミングモニター »

コメント

RADEON懐かしいですねぇ。昔は私も使っていました。
今はパソコンでゲームしないので、内蔵HD Graphicsだけです。
新しいハードウェアには、新しいバックアップソフトですね。

ブラックフライデーセールで Trueimage2018が3PCインストール版で特価だったので購入しました

TrueImage2017はSourceNextの特売で買いました。
2018を買われたのですね。

私もTrueImage2017はSourceNextの特売で買って、1ライセンス未使用です(ばき)

あぁあぁ、やっぱりぃ~

うちもそろそろNASのバックアップを考えないとなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレッツのPOI(IPV4)からIPV6プラス接続へ切替 | トップページ | JAPANNEXTのゲーミングモニター »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31